Conn 6M Naked Lady Alto Sax 1942年製 Serial No:300XXX 【Vintage】

Conn 6M Naked Lady Alto Sax 1942年製 Serial No:300XXX 【Vintage】
 

Conn(コーン)
6M ネイキッド・レディ  アルトサックス シリアルNo:300XXX 1942年製 【ヴィンテージ】

Conn 6M Naked Lady VIII stampedの美品ヴィンテージアルトサックスです。目立った修理跡などもなく使用による擦りキズや多少のラッカー剥がれはあるものの、この年代のヴィンテージとしてはご覧の通り非常に状態の良いサックスです。なお、ライヤーネジはありません。

6Mの中でも特に人気が高く質が高いとされる【VIII】の刻印がある年代のものでベル彫刻も美しい仕上がりです。Connらしい野太さのあるサウンドでダークで柔らかな音色は当時の古き良き時代の雰囲気を感じることができます。

コンディションが非常に良いこともあり、あまり吹き込まれていない個体ですのでこれから吹き込んでいく楽しさを持ったサックスです。Mk6のようなオールマイティなタイプとは言えませんがConnにしかない何とも言えない深みのある柔らかで落ち着きのあるサウンドは他のサックスには無い魅力のひとつです。ブリルハート系のマウスピースとの相性も抜群です。

この年代のConnでここまで状態の良いものは近年では非常に稀ですのでお探しの方は是非お見逃しなく!心地よい響きを持ったアメリカンサウンドが堪能できる逸品です。


■オリジナルラッカー
■VIII stamped(管体及びネック)
■ネック:マイクロチューニングデバイス機構採用
■彫刻:Naked Lady(Lady Face)
■ロールド・トーンホール
■全タンポ交換済み
■反射板:プラスチックブースター
■調整済み
■付属品:オリジナルハードケース



【Conn 6M(コーン ロクエム)について】
Connサックスはチャーリー・パーカー氏も使用していたことで有名で、6MはConnを代表するモデルでセルマーのS.B.AやMkVIが登場するまでジャズプレイヤー達に主流のサックスとして使われていました。アメリカのサックスらしいストレートで芯の太いサウンドが特徴です。低音キーの位置が現代の一般的なサックスと違い反対側に付いているのも特徴のひとつです。Conn 6Mのアルトのネックにはマイクロチューニングデバイスと呼ばれる機構が取り付けられている物があります。通常チューニングはネックのコルク部分でマウスピースの抜き差しを行いチューニングをしますが、マイクロチューニングデバイスの機構が取り付けられたネックにはコルク付近にスクリューがあります。そのスクリュー部分を回転させることでネック自体の長さを調整しチューニングすることができます。
ベル部分には上半身だけの女性の彫刻が施されており、通称【Naked Lady(ネイキッド・レディ)】または【Lady Face(レディ・フェイス)】とも呼ばれています。

また、1940年代前期に生産された6Mの中には【VIII】の刻印がシリアル付近とネックに刻まれている物があります。この【VIII】の刻印があるタイプは6Mの中でもクオリティの高い機種として6Mの中で最も人気があるサックスになっています。


Conn 6M Naked Lady Alto Sax 1942年製 Serial No:300XXX 【Vintage】