Conn 10M Naked Lady Tenor Sax 1947年製 Serial No:319XXX 【Vintage】

Conn 10M Naked Lady Tenor Sax 1947年製 Serial No:319XXX 【Vintage】

販売価格: 600,000円(税別)

(税込価格: 648,000円)

サイズ区分: 120

数量:
 

Conn(コーン)
10M ネイキッド・レディ  テナーサックス シリアルNo:319XXX 1947年製 【ヴィンテージ】

Conn 10Mの美品ヴィンテージテナーサックスです。U字管などにヘコミ修理跡はありますが綺麗に修理されており、その他は使用による擦りキズやラッカー剥がれはあるものの大きなダメージもなくこの年代の10Mとしては全体的に状態の良いサックスです。

ご覧の通り1940年代のヴィンテージサックスとしては非常に状態が良く、あまり使われていない個体ですのでこれから吹き込んでいくことで音にますます深みが出てくることでしょう。たっぷりと息を使って鳴らす低音ではConnならではの力強く柔らかで非常にファットさのある骨太なアメリカンサウンドが楽しめます。このConn独特の落ち着きのあるダークで柔らかな音色は今もなお多くのジャズプレイヤーを魅了し続けています。

オールマイティなサックスとは言えないかもしれませんが、Connの魅力を活かせるジャンルでは他のヴィンテージサックスには無い景色を演出してくれます。柔らかく包容力のある音色でありながらも線は細くなく暖かみを持った図太いヴィンテージサウンドが楽しめるサックスです。デックスファンにもお薦めのサックスですのでお探しの方は是非どうぞ。


■オリジナルラッカー
■彫刻:Naked Lady(Lady Face)
■ロールド・トーンホール
■全タンポ交換済み
■反射板:プラスチックブースター
■調整済み
■付属品:オリジナルハードケース



【Conn 10M(コーン テンエム)について】
デクスター・ゴードン氏も使用していたことで有名な10MはConnを代表するモデルでセルマーのS.B.AやMkVIが登場するまでジャズプレイヤー達に主流のサックスとして使われていました。アメリカのサックスらしいストレートで芯の太いサウンドが特徴です。ベル部分に上半身だけの女性の彫刻が施されているものを、通称【Naked Lady(ネイキッド・レディ)】または【Lady Face(レディ・フェイス)】と呼ばれています。10Mは低音キーの位置が現代の一般的なサックスと違い反対側に付いているのも特徴のひとつです。


Conn 10M Naked Lady Tenor Sax 1947年製 Serial No:319XXX 【Vintage】

販売価格: 600,000円(税別)

(税込価格: 648,000円)

サイズ区分: 120

数量: