A.SELMER Mk VI Alto Sax 1967年製 Serial No:145XXX 【Vintage】 [商談中]

A.SELMER Mk VI Alto Sax 1967年製 Serial No:145XXX 【Vintage】 [商談中]

販売価格: 1,650,000円(税別)

(税込価格: 1,782,000円)

 

A.SELMER(アメリカン・セルマー) マークシックス アルトサックス シリアルNo:145XXX 1967年製 【ヴィンテージ】

アメセル MkVIの人気の14万番台の美品ヴィンテージアルトサックスです。多少のラッカー剥がれなどはありますがプルダウン修理やベル折れ修理などもなく、全体的に非常に状態の良いビンテージサックスです。キーの貝もあまり磨り減っておらず、酷使されていないことが伺えます。ラッカーは黄色味で深みのある風合いを持っており、ベル彫刻も美しいです。

そして、音色はまさに極上です。ボン!と迫力のあるサウンドがパワフルに出せるのはもちろんのこと、音のエッジが絶妙で角が立ちすぎず、かといって柔らかすぎずバランスが非常に良いです。しっかりとした音の芯があり芯の周りにブレンドされた豊かな響きが音により深みを与えてくれます。ブライトに鳴らすこともできますが音が軽くなったり音が散るといったことはなく、フォーカスされた密度のある音でスピード感を持って鳴らすことができます。また、音が明るすぎず、高音域で音を歪ませても嫌味が無く、適度なエッジを持ったままバリっ!!とどことなくダーティーな雰囲気を持ったカッコイイ大人のサウンドを創ることができます。低音域は密度のある重厚感を持ったサウンドが出せ、下から上までバランスが良いです。

あまり使われていないサックスであるにも関わらず、ストレスがなく非常にスムーズに息も入り良く鳴ります。ストレスなく抜けると言っても軽く鳴り過ぎて浅い音になるといったことはなく、適度な抵抗感があり吹きごたえがあります。吹き込んでいけばしっかりと楽器が応えてくれるようなポテンシャルの高さを感じます。

すべての14万番台が必ずしも良い物であると言い切ることは出来ませんが、この個体は自信を持って良い物であると言えます。14万番台のMkVIアルトでここまで状態の良い物は奇跡的と言えると思います。そして、何よりも吹奏感、音色が素晴らしいです。まさに一生物になる逸品だと思います。滅多なことでは手に入れることができないサックスですのでお探しの方やご興味のある方は是非どうぞ!ちなみに弊社会長がこのサックスを吹いた時の開口一番のコメントが「土佐弁:おお!こりゃあまっこと、こじゃんとえい!!(訳:おお!これは本当に物凄く良い!!)」でした。弊社会長も自信を持ってお薦めするサックスです!


■オリジナルラッカー
■全タンポ交換済み
■反射板:プラスチックブースター
■調整済み
■付属品:BAM Cabine アルトサックス用ケース <ブラック> 【新品】



【SELMER Mk6について】
今もなお世界中のジャズプレイヤーが愛用し続けているセルマーの名器とも言えるマーク6。MkVI は1954年頃から1973年頃までの約20年あまり生産されたサックスで、シリアルは5万番代後半から24万番代前半までとなっております。Mk6は反応・操作性の良いオクターブメカニズム、連動式テーブルキーの採用や、S.B.A(スーパーバランスアクション)から採用されたキーのオフセット配列をよりフィンガリングの操作性を向上するために角度を変更するなど、様々な改良を加えられました。現代のサックスの模範とも言えるMkVIの誕生によってセルマーはサックスマーケットでの地位を確立したと言っても過言ではありません。

Mk6にはフランスセルマー(フラセル)とアメリカンセルマー(アメセル)があり、それぞれに違いを持っています。ジャズマーケットを意識して生産されたアメセルはクラシックマーケットを意識して生産されたフラセルと比べるとラッカー塗装が薄く、その分管体の振動効率を損なわないため音の抜け、鳴りがよくなっています。また、アメセルは楽器を組み上げてタンポもつけた状態でラッカー塗装をしたため、オリジナルタンポにはラッカーがかかっているのも特徴のひとつです。ほかにもフラセルとアメセルとでは彫刻模様や調整など様々な違いがあります。


A.SELMER Mk VI Alto Sax 1967年製 Serial No:145XXX 【Vintage】 [商談中]

販売価格: 1,650,000円(税別)

(税込価格: 1,782,000円)