Conn Virtuoso Deluxe "The Dragon" Soprano Sax Gold Plated 1926年製 Serial No:166XXX 【Vintage】

Conn Virtuoso Deluxe "The Dragon" Soprano Sax Gold Plated 1926年製 Serial No:166XXX 【Vintage】

販売価格: 2,650,000円(税別)

(税込価格: 2,862,000円)

数量:
 

Conn(コーン)ヴィルトゥオーゾ・デラックス
 ”ザ・ドラゴン”
 ソプラノサックス 金メッキ仕上げ シリアルNo:166XXX 1926年製 【ヴィンテージ】

Conn Virtuoso Deluxeの美品ヴィンテージソプラノサックスです。Connサックスの中で最高峰とも言える特別生産モデルのVirtuoso Deluxeは、歴代のモデルの中でも最も精巧で最も美しく最もレアなモデルと言えます。こちらのソプラノはベル彫刻にドラゴンとドラゴンスレイヤーが彫刻されており、通称"The Dragon"と呼ばれるレア中のレアとも言える非常に希少で貴重なビンテージサックスです。年代で言えばNew Wonder Series IIと同等の年代になります。

サムレスト付近からベルまでの広い範囲で豪華な彫刻が施されており、しかもその彫刻は驚くほど繊細です。拡大写真を見てお分かりいただけると思いますが人物の表情や髪の毛にいたるまでしっかりとわかるほど細やかに彫刻されています。ドラゴンの鱗も非常に繊細で精巧に彫刻されており、その他の彫刻模様も類を見ないほど精巧でまさに芸術的な仕上がりです。彫刻でここまで繊細に精巧に仕上げるのは天才的な技術と言えるのではないでしょうか。

当時のConnには高い技術を持った彫金師が複数人おり、その中にCharles "Doc" StenbergとJulius Stenbergという非常に優れた技術を持った彫金師の兄弟がいました。彼らは半世紀以上も仕事を続け素晴らしい彫刻の数々を残しています。特にJulius Stenberg氏が有名で彼の彫刻は非常に高い評価を得ています。ちなみに、Julius Stenberg氏を研究する海外の専門家に問い合わせたところ、こちらのドラゴンソプラノは彼が彫刻した個体であることが極めて高いとのことでした。

彫刻もさることながらキーの貝も豪華な仕様になっています。フルパール仕様でサムレストや左右のサイドキー、テーブルキーを含め様々なキーに贅沢に使われています。いくつかのキーを見てお分かりいただけると思いますが、パールがそれらのパーツにフィットするように成形されて取り付けられています。これらは手作業での加工となりますのでひとつひとつ時間をかけて作られたことが伺えます。

サックスのコンディションについても素晴らしく、金メッキの大部分が残っています。ドラゴンとドラゴンスレイヤーの彫刻部分は金メッキではなく、強調する効果を狙ってだと思いますが銀メッキ仕上げとなっています。金と銀のコントラストにより、メイン彫刻がより高級感を醸し出しています。ベルフレアの一部の金メッキが剥がれて下地の銀メッキが見えている部分がありますが、ベル折れによるものではございませんのでご安心ください。使用による小さなスリ傷などはありますが大きな修理跡やダメージなどもなく、90年以上前のサックスとは思えないほど状態の良いサックスです。

音色はまさに極上のConnサウンドで、音に深みがあり肉厚でファットさのあるヴィンテージサウンドです。SELMER MkVIのソプラノサックスが艶やかでスマートさのあるヴィンテージサウンドに対して、Connのソプラノは音に厚みがあり太く柔らかでまた違った奥行きのある音色が楽しめるサックスです。

現代のソプラノサックスをお使いの方がこのサックスを持つと金メッキ仕上げでもこの重量かと軽さに驚くかもしれませんが、音は決して軽くはなくしっかりと密度と厚みを持って鳴ります。Connのサテンシルバーのソプラノサックスと比較すると、こちらは金メッキ仕上げということもあり、音に程よい輪郭があり音量も出しやすいです。音の輪郭が絶妙で音がこもったりぼやけたりすることもなく、かと言って音が硬すぎることもなく、音の柔らかさとファットさを持ちつつも適度な音の輪郭があり耳当りの良いサウンドが得られます。金メッキ仕上げと言ってもエッジが効きすぎたりブライト過ぎるといったことはなく、そこはConnならではのキャラクターを維持しつつ深みのある音色が楽しめます。音が詰まる感じも無く、ストレスなく音が抜けます。現状でも適度に音が抜けていますが、まだまだここから吹き込んでけるサックスです。

Virtuoso Deluxeは特別注文モデルのためもともと生産数が少ないサックスとされていますが、その中でもソプラノサックスはアルトやテナーよりも生産本数が極めて少なくさらに入手が難しいサックスです。また、特別注文モデルということもありVirtuoso Deluxeのソプラノと言っても彫刻のパターンはドラゴンだけでなく他の彫刻模様もあり、必ずしも彫刻が同じというわけではありません。このサックスは戦前に作られたものであり、これほどまでにコンディションの良いThe DragonはアメセルのMkVI ソプラノを凌ぐほどの入手難易度と言っても過言ではないかもしれません。国内はもとより海外を探しても所有している方はほとんどいないのではないでしょうか。希少価値、コンディション、音色とどれも素晴らしくConnのGolden Era(黄金期)の傑作とも言える博物館級のサックスです。当時のConnの熟練した職人が持っている技術と時間をかけて丹精込めて作り上げた最高クラスの逸品です。弊社会長も自信を持ってお薦めする一生物の名品です。


■オリジナルゴールドプレート
■High F#キー無し
■Virtuoso Deluxe特別彫刻 ”The Dragon”
■反射板:メタルチックブースター
■全タンポ交換済み
■調整済み
■付属品:Conn製 ヴィンテージハードケース、PROTEC PB-310 ソプラノサックス用セミハードケース 【新品】



【Conn Virtuoso Deluxeについて】
1920年代初頭から1930年代までに生産された特別注文製のモデル。繊細で豪華な彫刻にフルパール仕様となっており歴代のConnサックスの中でも特に精巧で、Connの黄金時代に作られたモデルです。Virtuoso DeluxeはFinish 000とも呼ばれおり、Finish 00と呼ばれるNew Wonder Artist Specialよりもさらに豪華で高級な最高クラスの機種とされています。彫刻はベル部分だけでなく、広い範囲で繊細で豪華な彫刻が施されており非常に優れた技術を持った彫金師によって仕上げられたその彫刻は独創的でまさにアートと呼べるものになっています。特別製ということもあり彫刻模様も様々だったようです。多くは金メッキ仕上げの仕様となっていますが中には銀メッキ仕上げなども稀にあったようです。Virtuoso DeluxeはNew Wonder Series IからIIまで生産されており、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、Cメロなどが作られていました。特別モデルのためいずれのサックスも大変レアで生産本数も非常に少ないサックスとなっています。



下記は別アングルの商品写真です。










































その他商品詳細

  • 付属ケース
Conn Virtuoso Deluxe "The Dragon" Soprano Sax Gold Plated 1926年製 Serial No:166XXX 【Vintage】

販売価格: 2,650,000円(税別)

(税込価格: 2,862,000円)

数量: