JohannesGerber Vintage Slant Sig L-Type テナーサックス用マウスピース [入荷待ち]

JohannesGerber Vintage Slant Sig L-Type テナーサックス用マウスピース [入荷待ち]

販売価格はお問い合わせください。

 

Johannes Gerber(ヨハネス・ガーバー)
 ヴィンテージモデル スラントシグネイチャー L-Type テナーサックス用マウスピース


ダークでファット、リンクのような独特の図太いサウンドが魅力!
適度な抵抗感とより力強くファットなサウンドのSlantSig [ L-Type ]

ヨハネス・ガーバー氏製作によるハイクオリティなハンドメイドマウスピースです。1本1本時間をかけてガーバー氏が丁寧に仕上げているだけあってサイドレールもシンメトリー(左右対称)で、ティップレールからサイドレールまで適度な幅を持たせて非常にバランス良く仕上がっています。
材質は独自素材を採用しており、ルックスもユニークでビーク部分やティップレール、サイドレールからテーブル部分まで金属の粉末を混ぜたような仕上がりです。
こちらのVintageModel は彼の今までの経験と技術を活かし、素材から厳選して作られたモデルで、オットリンクのヴィンテージラバーをコンセプトに設計されています。  

ヴィンテージリンクをコンセプトにしているだけあり、柔らかくダークで図太さのあるジャズサウンドが得られます。作りの精度も高く、低音域から高音域まで音の繋がりも良くスムーズに鳴ります。オットリンク系サウンドで上質なジャズマウスピースをお探しの方に自信を持ってお薦めできるマウスピースです。

■L-Type
S-Typeをベースにサウンドキャラクターを維持したまま従来の一般的なテナーラバーと同等のサイズで作られたL-Type。S-Typeよりも抵抗感があり、音の野太さ、迫力、ファットがさらに増したサウンドが特徴。



【スタッフのコメント】
従来のS-Typeをベースに作られていることもあり、基本的なサウンドキャラクターは同様でありつつも、より迫力のあるサウンドが出せるようになっており、低音域ではブォン!とテナー特有の非常に図太いサウンドが出せます。息音も良く出てよりファットでJazyyなサウンドが得られ、高音域でも厚みを持った迫力のある音で鳴ります。バッフルやチェンバーは基本的にS-Typeと同様のデザインですが従来よりもシャンクを長くし、ボディ径を標準的なテナーラバーと同等にしてありますので抵抗感がありますが、オットリンク吹きには程よい抵抗感だと思います。レスポンス良くスムーズに、楽に吹きたいなら従来のS-Type、適度な抵抗感でよりファットに図太く鳴らしたいならL-Typeといった印象です。どちらも自信を持ってお薦めできるマウスピースですのでお好みに合わせてお選びいただければと思います。




■コンセプト:ヴィンテージ オットリンクラバー スラント
■JG VINTAGE Model SLANT SIG [ ヴィンテージモデル スラントシグネイチャー ]
■材質:JG独自合成素材
■商品内容:マウスピース、ソフトポーチ、外箱  ※リガチャーとキャップは付属していません


■オープニングサイズ比較表

オープニングナンバーOttoLinkBergLarsenDukoff
77100D6とD7の間
7★7★105D7
88110D7とD8の間
8★8★115D8
99120D8とD9の間

※上記はあくまでも参考の目安ですので相当するマウスピースの
 ティップオープニングとまったく同じという意味ではありませんので予めご了承下さい。
※入荷時期によってはマウスピースに刻印されているオープニングナンバーがインチ表示の場合があります。
※入荷時期によって細部の仕上げが写真とは異なる場合がございます。
※ハンドメイド製品のため擦り傷や小キズなどがある場合がございますが何卒ご了承下さい。
※特殊な独自素材を採用しているため、見た目の風合いが1本1本異なっておりますので予めご了承下さい。


在庫切れの場合は納期にお時間をいただく場合がございます。
お急ぎの方は誠にお手数ですがお問い合わせフォーム又はお電話にてお問い合わせ下さい。


その他商品詳細

JohannesGerber Vintage Slant Sig L-Type テナーサックス用マウスピース [入荷待ち]

販売価格はお問い合わせください。