HOME 必ずお読み下さい カートの内容を見る お支払い お問い合わせ 特定商取引法に基づく表記 リンク集  





















当サイトは日本ベリサイン社のSSLサーバ証明書を取得しています。情報は暗号化されて安全に送信されますのでご安心下さい。


【Ever-Ton(エバー・トン)マウスピース】


●サックス用マウスピース ページ選択          【マウスピース・ページトップへ戻る】
ARB
(エー・アール・ビー)
BARI
(バリ)
Beechler
(ビーチラー)
Berg Larsen
(ベルグ・ラーセン)
Bobby Dukoff
(ボビー・デュコフ)
Claude Lakey
(クラウド・レイキー)
Dave Guardala
(デイブ・ガーデラ)
Drake
(ドレイク)
Ever-Ton
(エバートン)
ESM
(イー・エス・エム)
Francois Louis
(フランソワ・ルイ)
Gottsu
(ゴッツ)
Jazzworks by Theo
(ジャズワークス)
JodyJazz
(ジョディ・ジャズ)
Johannes Gerber
(ヨハネス・ガーバー)
Lebayle
(リバイユ)
Mark Spencer
(マーク・スペンサー)
MEYER
(メイヤー)
MouthpieceCafe
(マウスピース・カフェ)
NAVARRO
(ナバーロ)
Otto Link
(オットリンク)
Peter Ponzol
(ピーター・ポンゾール)
Pillinger
(ピリンジャー)
Ralph Morgan
(ラルフ・モーガン)
Rousseau
(ルソー)
RPC
(アールピーシー)
Runyon
(ラニヨン)
H.Selmer
(セルマー)
SAXWORKS
(サックスワークス)
SR Technologies
(SRテクノロジー)
Ted Klum
(テッド・クラム)
Theo Wanne
(テオ・ウォン)
Vandoren
(バンドレン)
Wood Stone
(ウッド・ストーン)
Yanagisawa
(ヤナギサワ)
Zinner
(ジナー)
       
●小物類 ■マウスピースキャップ  ■マウスピースパッチ  ■マウスピースポーチ


◆◇◆ ご注文の際は【カートに入れる】ボタンをクリックして下さい ◆◇◆
当社に在庫がない場合、納期にお時間を頂くことがありますので予めご了承下さいませ。


◆Ever-Ton Metal & Mass K-Series Model Soprano Mouthpiece



ケニー・G氏ファンにもお薦めのKシリーズ!
Ever-Tonマウスピースはブラジル在住のJoelson Tosta氏が製作しており、アクリル樹脂にシャンク部分をメタルにしたマウスピースが特徴的です。樹脂のいいところ(音の柔らかさなど)とメタルのいいところ(音のキレや重厚感、ダイナミックレンジなど)を併せ持ったマウスピースと言えます。


下記のYouTubeのアドレスにアクセスすると試聴ができます。
http://www.youtube.com/watch?v=BcXJssmv5M0

明るく艶のある音色で吹き方によってはケニー・G氏のサウンドを彷彿とさせる音色が魅力のモデル。
■Metal & Mass K-Series(Kシリーズ) Model
■マウスピース種別:ソプラノサックス用マウスピース

■素材:Acrylic Resin(アクリル樹脂)製 + 金属製リング
■生産国:ブラジル

■付属品:リガチャー&キャップ ※入荷時期によって付属リガチャーのメーカーが異なる場合がございます

■オープニングサイズ:7番のみ

■Metal & Massシリーズの特徴
Ever-TonのMetal Ringモデルはシャンク部分の素材の上に金属のリングを巻いていますが、Metal & Massシリーズは右図のようにすべて金属で出来た円柱状のシャンクが採用されています。


【スタッフのコメント】

Kシリーズと名づけられたこのモデルはアルトやテナーのMeta&Massシリーズ同様に、シャンク部分に金属製の筒が採用されています。バッフルはハイバッフルを採用しており、明るめのサウンドです。マウスピースの半分はResinで作られていることもあってか、高音域が鋭すぎず良い意味で音の角が取れたような印象で艶のある明るい音で鳴ります。バリバリと暴れる感じの音色ではありませんが、Kシリーズと言うだけあって、吹き方によってはケニー・G氏のサウンドのようなそれっぽい音色になります。


■下記の画像をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。
   

●エバー・トン Metal & Mass K-Series ソプラノサックス用マウスピース SOLD OUT!
【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。
■Customシリーズ
熟練の職人の手によって仕上げられたカスタム仕様です。
ティップレールやサイドレール、テーブルなどを含め職人によって微調整が施されています。

■下記の画像をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

●エバー・トン
 Metal & Mass K-Series ソプラノサックス用マウスピース 【Custom】
SOLD OUT!
【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。



◆Ever-Ton Metal & Mass Smooth Jazz Model Alto Mouthpiece



太く柔らで艶やかさのあるスムーズジャズモデル!
Ever-Tonマウスピースはブラジル在住のJoelson Tosta氏が製作しており、アクリル樹脂にシャンク部分をメタルにしたマウスピースが特徴的です。樹脂のいいところ(音の柔らかさなど)とメタルのいいところ(音のキレや重厚感、ダイナミックレンジなど)を併せ持ったマウスピースと言えます。


下記のYouTubeのアドレスにアクセスすると試聴ができます。
http://www.youtube.com/watch?v=Ek90uuSnS7E

細身のマウスピースと思えない太く柔らかな音色で高音域も艶やかな通る音が出せます。モデル名の通り、スムースジャズにも最適なマウスピースです。
■Metal & Mass Smooth Jazz(スムーズジャズ) Model
■マウスピース種別:アルトサックス用マウスピース
■素材:Acrylic Resin(アクリル樹脂)製 + 金属製リング
■生産国:ブラジル

■付属品:リガチャー&キャップ ※入荷時期によって付属リガチャーのメーカーが異なる場合がございます

■オープニングサイズ:7番のみ

■Metal & Massシリーズの特徴
Ever-TonのMetal Ringモデルはシャンク部分の素材の上に金属のリングを巻いていますが、Metal & Massシリーズは右図のようにすべて金属で出来た円柱状のシャンクが採用されています。


【スタッフのコメント】

アルトのマウスピースとしては非常に細身のサイズでメインバッフルがわずかに立ち上がり、低いバッフルのままチェンバーに向かって息が流れる形状になっています。音の立ち上がりは良く、柔らかなニュアンスで息を入れていくにしたがってパワー感が増し、高域では艶やかで良く通る音色、中低域では細身のマウスピースには似合わず太く柔らかな音です。サブトーンも大変出しやすくてハスキーです。その名の通りの音楽に最適だと思います。個人的にはアルト用のモデルの中で一押しのマウスピースです。


■下記の画像をクリックすると拡大写真及びモデル別の比較写真がご覧頂けます。
   

●エバー・トン Metal and Mass SmoothJazz アルトサックス用マウスピース SOLD OUT!
【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。
■Customシリーズ
熟練の職人の手によって仕上げられたカスタム仕様です。
ティップレールやサイドレール、テーブルなどを含め職人によって微調整が施されています。

■下記の画像をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

●エバー・トン
 Metal and Mass SmoothJazz アルトサックス用マウスピース 【Custom】
SOLD OUT!
【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。



◆Ever-Ton Metal & Mass Full Pop Model Alto Mouthpiece



Ever-Tonマウスピースはブラジル在住のJoelson Tosta氏が製作しており、アクリル樹脂にシャンク部分をメタルにしたマウスピースが特徴的です。樹脂のいいところ(音の柔らかさなど)とメタルのいいところ(音のキレや重厚感、ダイナミックレンジなど)を併せ持ったマウスピースと言えます。

下記のYouTubeのアドレスにアクセスすると試聴ができます。
http://www.youtube.com/watch?v=gkCYlcole9Y

独特なルックスにハイバッフルを採用したFullPopモデルは明るく非常に切れ味鋭いサウンドが特徴です。
■Metal & Mass Full Pop(フルポップ) Model
■マウスピース種別:アルトサックス用マウスピース
■素材:Acrylic Resin(アクリル樹脂)製 + 金属製リング
■生産国:ブラジル

■付属品:リガチャー&キャップ ※入荷時期によって付属リガチャーのメーカーが異なる場合がございます

■オープニングサイズ:7番のみ

■Metal & Massシリーズの特徴
Ever-TonのMetal Ringモデルはシャンク部分の素材の上に金属のリングを巻いていますが、Metal & Massシリーズは右図のようにすべて金属で出来た円柱状のシャンクが採用されています。


【スタッフのコメント】

マウスピースの形が独特な形状をしているこのモデルですが、ハイバッフルを採用しており、他のMetal&Massシリーズ同様に金属製の筒がシャンク部分に採用されています。ハイバッフルを採用している通常のMetal&Massはバッフルからチェンバーにかけての部分は斜めに成型されていますが、こちらのFullPopモデルはバッフルからチェンバー部分にかけてが垂直に成型されています。サウンドが明るく非常に切れ味鋭いサウンドです。ノーマルのMetal&Massよりもさらに明るさとキレを求める方に良いのではないでしょうか。


■下記の画像をクリックすると拡大写真及びモデル別の比較写真がご覧頂けます。
   

●エバー・トン Metal and Mass Full Pop アルトサックス用マウスピース
販売価格¥23,400(税別)

【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。
■Customシリーズ
熟練の職人の手によって仕上げられたカスタム仕様です。
ティップレールやサイドレール、テーブルなどを含め職人によって微調整が施されています。

■下記の画像をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

●エバー・トン
 Metal and Mass Full Pop アルトサックス用マウスピース 【Custom】
販売価格¥26,400(税別)

【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。



◆Ever-Ton Metal & Mass Model Alto Mouthpiece



Ever-Tonマウスピースはブラジル在住のJoelson Tosta氏が製作しており、アクリル樹脂にシャンク部分をメタルにしたマウスピースが特徴的です。樹脂のいいところ(音の柔らかさなど)とメタルのいいところ(音のキレや重厚感、ダイナミックレンジなど)を併せ持ったマウスピースと言えます。

下記のYouTubeのアドレスにアクセスすると試聴ができます。

http://jp.youtube.com/watch?v=J3wzJGRNm_o&feature=related

デュコフメタルのDシリーズをラバー系にしたようなマウスピースです。パワフルでキレのあるサウンドが楽しめます。
■Metal and Mass Model
■マウスピース種別:アルトサックス用マウスピース

■素材:Acrylic Resin(アクリル樹脂)製 + 金属製リング
■生産国:ブラジル

■付属品:リガチャー&キャップ ※入荷時期によって付属リガチャーのメーカーが異なる場合がございます

■オープニングサイズ:7番 or 8番のみ

■Metal & Massシリーズの特徴
Ever-TonのMetal Ringモデルはシャンク部分の素材の上に金属のリングを巻いていますが、Metal & Massシリーズは右図のようにすべて金属で出来た円柱状のシャンクが採用されています。


【スタッフのコメント】

チェンバーの大きさやバッフルの位置、高さはデュコフのスーパーパワーチェンバーDシリーズと良く似た形状で作られています。音色はハードラバーではありますがレスポンスが非常に良く、低域から高域までスムーズに抜け、音のつながりも良いです。キンキンしすぎないので、ハードラバーで、歯切れが良く、パワーやダイナミックレンジを求める人には最適のモデルだと思います。フラジオも出しやすく、コントロールもしやすいマウスピースです。


■下記の画像をクリックすると拡大写真及びモデル別の比較写真がご覧頂けます。
   

●エバー・トン Metal and Mass アルトサックス用マウスピース SOLD OUT!
【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。
■Customシリーズ
熟練の職人の手によって仕上げられたカスタム仕様です。
ティップレールやサイドレール、テーブルなどを含め職人によって微調整が施されています。

■下記の画像をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

●エバー・トン
 Metal and Mass アルトサックス用マウスピース 【Custom】
販売価格¥26,400(税別)

【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。



◆Ever-Ton Metal & Mass Studio Model Tenor Mouthpiece



パワフルでキレのあるサウンドが魅力のスタジオモデル!
Ever-Tonマウスピースはブラジル在住のJoelson Tosta氏が製作しており、アクリル樹脂にシャンク部分をメタルにしたマウスピースが特徴的です。樹脂のいいところ(音の柔らかさなど)とメタルのいいところ(音のキレや重厚感、ダイナミックレンジなど)を併せ持ったマウスピースと言えます。

下記のYouTubeのアドレスにアクセスすると試聴ができます。

http://jp.youtube.com/watch?v=qUfWsN0ES18

ラバー系でありながらパワフルでキレのあるサウンドを実現!中低音は太くハスキー、高音は明るくキレのあるサウンドが楽しめます。
■Metal and Mass Studio(スタジオ) Model
■マウスピース種別:テナーサックス用マウスピース

■素材:Acrylic Resin(アクリル樹脂)製 + 金属製リング
■生産国:ブラジル

■付属品:リガチャー&キャップ ※入荷時期によって付属リガチャーのメーカーが異なる場合がございます

■オープニングサイズ:8番のみ

■Metal & Massシリーズの特徴
Ever-TonのMetal Ringモデルはシャンク部分の素材の上に金属のリングを巻いていますが、Metal & Massシリーズは右図のようにすべて金属で出来た円柱状のシャンクが採用されています。


【スタッフのコメント】

野太い音で低域から高域までレスポンス良くスムーズに鳴ります。ガーデラのスタジオモデルをハードラバータイプにして、重厚さを保つ為にメタルシャンクを採用し、ハードラバーサウンドをキレを良くして少し密度を上げた感じです。バッフルやウィンドウの形もガーデラの形状に似た設計になっています。高域は決して細くならずに抜けて、又キンキンした感じがありません。中低域は太くハスキーな音も出しやすいです。さっきまでオットリンクを吹いていても全然違和感なく吹く事が出来、又、サウンドもオットリンクと同等の太さを感じながら、それよりもダイナミックレンジが広く表現力も抜群です。フュージョンやコンテンポラリーもOKですが4ビートもカッコイイサウンドです。いいところをついてきた使えるマウスピースだと思います。個人的に一押し!


■下記の画像をクリックすると拡大写真及びモデル別の比較写真がご覧頂けます。
   

●エバー・トン Metal and Mass Studio テナーサックス用マウスピース SOLD OUT!
【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。
■Customシリーズ
熟練の職人の手によって仕上げられたカスタム仕様です。
ティップレールやサイドレール、テーブルなどを含め職人によって微調整が施されています。

■下記の画像をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

●エバー・トン
 Metal and Mass Studio テナーサックス用マウスピース 【Custom】
販売価格¥28,000(税別)

【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。



◆Ever-Ton Metal & Mass Model Tenor Mouthpiece



Ever-Tonマウスピースはブラジル在住のJoelson Tosta氏が製作しており、アクリル樹脂にシャンク部分をメタルにしたマウスピースが特徴的です。樹脂のいいところ(音の柔らかさなど)とメタルのいいところ(音のキレや重厚感、ダイナミックレンジなど)を併せ持ったマウスピースと言えます。

下記のYouTubeのアドレスにアクセスすると試聴ができます。
http://www.youtube.com/watch?v=F0r62_wdLJA

パワフルにレスポンス良く鳴ります。ハードラバーのパワーとダイナミックレンジに物足りなさを感じている方にもお薦め。
■Metal and Mass Model
■マウスピース種別:テナーサックス用マウスピース

■素材:Acrylic Resin(アクリル樹脂)製 + 金属製リング
■生産国:ブラジル

■付属品:リガチャー&キャップ ※入荷時期によって付属リガチャーのメーカーが異なる場合がございます

■オープニングサイズ:7番 or 8番のみ

■Metal & Massシリーズの特徴
Ever-TonのMetal Ringモデルはシャンク部分の素材の上に金属のリングを巻いていますが、Metal & Massシリーズは右図のようにすべて金属で出来た円柱状のシャンクが採用されています。


【スタッフのコメント】

チェンバーの大きさやバッフルの位置、高さはデュコフのスーパーパワーチェンバーDシリーズと良く似た形状で作られています。音色はStudio Modelと比べると少しラバー感が増し、柔らかさが増してきますが、レスポンスは相変わらず非常に良いです。低域から高域までレスポンス良くスムーズに抜けます。オットリンク吹きの方でも違和感無く吹く事が出来ますのでバンドや曲のキャラクターによってマウスピースを替える事も出来やすいのではないでしょうか。又、ハードラバーのマウスピースにダイナミックレンジやパワー感の物足りなさを感じている人は最適だと思います。軽く吹けて案外柔らかく、太く、レスポンスのいいマウスピースは意外と少ないと思います。


■下記の画像をクリックすると拡大写真及びモデル別の比較写真がご覧頂けます。
   

●エバー・トン Metal and Mass テナーサックス用マウスピース
販売価格¥25,200(税別)

【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。
■Customシリーズ
熟練の職人の手によって仕上げられたカスタム仕様です。
ティップレールやサイドレール、テーブルなどを含め職人によって微調整が施されています。

■下記の画像をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

●エバー・トン
 Metal and Mass テナーサックス用マウスピース 【Custom】
販売価格¥28,000(税別)

【こちらをクリックするとティップオープングの比較表がご確認いただけます。ご注文時の参考にご覧下さい。】
※オープニングサイズの選択欄にはおおよその実測値を表示しています。
※ティップレールなどを含め全体的にラフな作りで、擦り傷や若干の気泡、
 多少のムラなどがある場合がありますので仕上がりに神経質な方はご注意下さい。




●サックス用マウスピース ページ選択          【マウスピース・ページトップへ戻る】
ARB
(エー・アール・ビー)
BARI
(バリ)
Beechler
(ビーチラー)
Berg Larsen
(ベルグ・ラーセン)
Bobby Dukoff
(ボビー・デュコフ)
Claude Lakey
(クラウド・レイキー)
Dave Guardala
(デイブ・ガーデラ)
Drake
(ドレイク)
Ever-Ton
(エバートン)
ESM
(イー・エス・エム)
Francois Louis
(フランソワ・ルイ)
Gottsu
(ゴッツ)
Jazzworks by Theo
(ジャズワークス)
JodyJazz
(ジョディ・ジャズ)
Johannes Gerber
(ヨハネス・ガーバー)
Lebayle
(リバイユ)
Mark Spencer
(マーク・スペンサー)
MEYER
(メイヤー)
MouthpieceCafe
(マウスピース・カフェ)
NAVARRO
(ナバーロ)
Otto Link
(オットリンク)
Peter Ponzol
(ピーター・ポンゾール)
Pillinger
(ピリンジャー)
Ralph Morgan
(ラルフ・モーガン)
Rousseau
(ルソー)
RPC
(アールピーシー)
Runyon
(ラニヨン)
H.Selmer
(セルマー)
SAXWORKS
(サックスワークス)
SR Technologies
(SRテクノロジー)
Ted Klum
(テッド・クラム)
Theo Wanne
(テオ・ウォン)
Vandoren
(バンドレン)
Wood Stone
(ウッド・ストーン)
Yanagisawa
(ヤナギサワ)
Zinner
(ジナー)
       




 
Copyright 2003©Vintage Sax shop Sax Fun All Rights Reserved
当社サイトに含まれるすべての画像・サウンドデータ・内容を無断転載及び複製すること堅くお断りします。