A.SELMER Super Balanced Action Tenor Sax 1948年製 Serial No:40XXX 【Vintage】

A.SELMER Super Balanced Action Tenor Sax 1948年製 Serial No:40XXX 【Vintage】

販売価格: 2,200,000円(税別)

(税込価格: 2,376,000円)

数量:
 

A.SELMER(アメリカン・セルマー)
スーパー・バランスド・アクション テナーサックス シリアルNo:40XXX 1948年製 【ヴィンテージ】

アメセル スーパーバランスアクションのヴィンテージテナーサックスです。シリアルは4万番台でLow B、B♭はセパレート仕様でSBAの中でも特に人気の高い年代の大変希少なサックスです。こちらは良く吹き込まれたプレイヤーズホーンの1本です。ネックには片側のみに若干の修理跡はありますが綺麗に修理されています。二番管(本管)側のU字管リング付近の一部にラッカーは残っていますが一番管(U字管)と二番管は一度外されていると思われます。U字管などにもヘコミ修理跡が見られ、Low Cのキーガードはハンダ修理がされていますがいずれもしっかりと修理されています。その他は使用によるスリ傷やラッカーはある程度剥がれていますがプルダウンやベル折れなどもなく、プレイヤーズホーンとしては良好な状態のサックスです。

ややグリーンの入った深みのある色合いのオリジナルラッカーとSBA初期ならではの豪華なベル彫刻がヴィンテージの雰囲気を醸し出しています。SBAの初期と後期ではベル彫刻のデザインは異なりますがどちらも繊細かつ豪華で当時の職人の技術の高さを感じることもでき、実に素晴らしいものがあります。こちらのサックスのタンポは全タンポ交換しており、反射板にはメタルブースターを採用しております。

良く吹き込まれたサックスということもあり抜群の鳴りと吹奏感です。楽に軽く吹けるにもかかわらず柔らかで図太さのある豊かなダークサウンドが広がります。あまり使われていないクローゼットホーンは音にやや若さを感じることが多いですが、こちらは音が熟成されており何とも言えな奥行きのあるヴィンテージサウンドが体感できます。低音域から高音域まで非常にスムーズに繋がります。

柔らかでふくよかさのある音の中にもしっかりと音の密度を持っており、サブトーンを効かせた時のサウンドはなんとも心地よい音色です。オットリンクなどを使って図太い低音を出した時はため息のでるようなサウンドを体感できます。良く吹き込まれている個体ですが音が抜けきっているというわけではなくこれからも存分に楽しんでいける1本です。

ヴィンテージサックスの中でも特に希少性が高く、人気のあるSBAテナーは状態の良いものが劇的に減少してきています。日本国内はもとより海外でも入手が非常に困難になっており、市場価格も高騰し続けていますのでお探しの方は良い物があるうちに是非ご検討いただければと思います。特にLow B、B♭がセパレート仕様のSBAは大変希少ですので是非お見逃しなく。時代を感じることができる芳醇なヴィンテージサウンドが堪能できる即戦力のS.B.A.です。弊社会長も自信を持ってお薦めする逸品です。


■オリジナルラッカー
■マッチングネック(ネックと同一のシリアルナンバーが刻印されています)
■全タンポ交換済み
■タンポ反射板:メタルブースター
■調整済み
■付属品:BAM Classic テナーサックス用ケース 【ブラック】 【新品】



【SELMER Super Balanced Action(通称S.B.A)について】
現在でもジャズプレイヤーに絶大な人気を誇るSuper Balanced Action(スーパー・バランス・アクション)は、テナーサックスではベン・ウェブスター氏やコールマン・ホーキンス氏、アルトサックスではポール・デスモンド氏などが愛用していたことで有名なBalanced Action(バランスアクション)の次のモデルとして発売された機種です。Super Balanced Action(以下省略してS.B.A)は1947年から1953年頃までの6年程度しか生産がされていない希少なモデルです。前モデルのBalanced Actionの主管キー配列がインラインに対し、S.B.Aからは主管のキー配列にオフセットが採用されました。オフセットが採用されたことにより、自然に左右の手を構えられるようになり、スムーズなフィンガリングが可能で操作性も向上しました。S.B.Aはジョン・コルトレーン氏が愛用していたことでも有名で、その独特のやわらかで艶やかな音色は同じセルマーのMkVIやMkVIIとはまた違った魅力を持っているサックスです。S.B.Aの前期の彫刻は豪華で美しい彫刻の物が多く、低音キーのキーガードはセパレートタイプになっています。S.B.Aの後期になってくるとMkVIの前期と同じような彫刻になり、低音キーのキーガードもセパレートタイプではなく、MkVIと同じような一体型のタイプになっています。ちなみに、一般的にアメセル(アメリカンセルマー)と呼ばれるモデルはこのS.B.Aから始まったと言われています。

S.B.AにもMkVI同様にフランスセルマー(フラセル)とアメリカンセルマー(アメセル)があり、それぞれに違いを持っています。ジャズマーケットを意識して生産されたアメセルはクラシックマーケットを意識して生産されたフラセルと比べるとラッカー塗装が薄く、その分管体の振動効率を損なわないため音の抜け、鳴りがよくなっています。また、アメセルは楽器を組み上げてタンポもつけた状態でラッカー塗装をしたため、オリジナルタンポにはラッカーがかかっているのも特徴のひとつです。ほかにもフラセルとアメセルとでは彫刻模様や調整など様々な違いがあります。



下記は別アングルの商品写真です。




















その他商品詳細

  • 付属ケース
A.SELMER Super Balanced Action Tenor Sax 1948年製 Serial No:40XXX 【Vintage】

販売価格: 2,200,000円(税別)

(税込価格: 2,376,000円)

数量: