Otto Link SuperToneMaster Florida No U.S.A. テナーサックス用メタルマウスピース 【8】 【Vintage】

Otto Link SuperToneMaster Florida No U.S.A. テナーサックス用メタルマウスピース 【8】 【Vintage】

販売価格(税別): 150,000円

(税込: 165,000円)

数量:
 

Otto Link(オット・リンク)
スーパートーンマスター フロリダNoUSA 8 テナーサックス用メタルマウスピース 【ヴィンテージ】


オットリンク SuperToneMasterのヴィンテージテナーマウスピースです。シャンク部分に従来はあるU.S.A.の刻印が無いことからNo U.S.A.と呼ばれている年代のもので全体的な特徴からフロリダ中期のものと思われます。使用による擦り傷やメッキの剥がれがある程度の範囲であります。そして広い範囲で磨きがありコーティングのようなかたちでメッキが剥がれている部分にも光沢が出ています。

また、ある程度使い込まれた個体のためティップレールなどに摩耗が見られオリジナルオープニングとは言えませんがオットリンクの8番に近い開きとなっています。音色はヴィンテージリンクのならではの深みのある柔らかでダークなヴィンテージサウンドで図太く豊かな音色が広がります。ベルの奥から響き渡る音の深みがありブレスノイズがたっぷりと混ざったサブトーンは非常に雰囲気があります。開きもテナーとしては十分にありますので迫力のあるジャズサウンドを出すことができます。

また、付属にはオリジナルのヴィンテージリガチャーが付属しており使用感はありますがまだまだ使える状態です。この年代のリガチャーもマウスピース同様に非常に希少で使えるものはなかなか手に入りませんし、リガチャーが持つ音色も優れていますので見逃せない点です。ある程度使いこまれた個体ですがまだまだこれからも楽しむことができるマウスピースですのでお探しの方やご興味のある方は是非お見逃しなく。ヴィンテージリンクのサウンドを存分に楽しめる一本です。


■委託品
■ティップオープニング実測値:約 2.80mm(約 0.111インチ)
 <オープニングサイズ比較表>

本製品OttoLinkDukoffLarsen
上記数値をもとに比較8よりやや広いD7とD8の間110

※上記はあくまでも参考の目安ですので相当するマウスピースの
 ティップオープニングとまったく同じという意味ではありませんので予めご了承下さい。

■商品内容:マウスピース、リガチャー、キャップ、箱




【Vintage Otto Link Super Tone Masterについて】
Otto LinkのSuper Tone Masterは1950年代初頭にニューヨークで生産され始め、このNewYorkの工場で生産されたモデルは通称【Double ring(ダブルリング)】とも呼ばれ、非常に数も希少で貴重なマウスピースとされています。その後、工場はフロリダ州の工場へ移り生産され始めます。なお、Florida工場に移動した直後のSuper Tone Masterの初期はNewYorkで生産されたマウスピースと同じく、シャンク分の輪がダブルリングになっており、【Super Tone Master】の刻印はそのダブルリングの下に刻まれています。ただし、フロリダのDouble ringはニューヨークと比べてティースガードが短くなっており、ティップオープニングがテーブル上ではなく、マウスピースの側面に刻印されるようになりました。その後Super Tone Masterはフロリダの工場で生産され、1960年代頃になるとシャンク部分にあった2重の輪の間に【Super Tone Master】の刻印がされるようになります。この中期頃から徐々にシリアルナンバーも無くなったと言われています。フロリダ製の中期にはシャンク部分に【U.S.A.】の刻印がない【No U.S.A.】と呼ばれるモデルもあったようです。フロリダ製の中期から後期頃になるとシャンク部分に刻印されている【Super Tone Master】の反対側に【U.S.A.】と印が刻まれるようになります。一般的にU.S.Aモデルと呼ばれるヴィンテージのSuper Tone Masterはこのモデルで、シャンクの長さにバリエーションもありました。1970年代中頃になると工場はフロリダ州からインディアナ州へ移りBabbitt(バビット)工場で生産されるようになります。フロリダ製と比べてバビット製はティップオープニングナンバーのフォントが大きくなっており、ゴールドプレートの下にはシルバープレートが施されていたと言われています。フロリダ製はバビット製よりもティップオープングナンバーの文字が小さく、ゴールドプレートの下にはニッケルプレートが施されていたようです。なお、フロリダからバビットへ移行する際にTransitional(トランシジョナル)モデルと呼ばれるモデルがあり、ティップオープングナンバーの文字の大きさはバビット製と同じ大きい文字ですが、ゴールドプレートの下にはニッケルプレートが施されていたと言われています。



Otto Link SuperToneMaster Florida No U.S.A. テナーサックス用メタルマウスピース 【8】 【Vintage】

販売価格(税別): 150,000円

(税込: 165,000円)

数量: