TheoWanne SHIVA Blue A.R.T. テナーサックス用ラバーマウスピース 【7★】 【特価品】

TheoWanne SHIVA Blue A.R.T. テナーサックス用ラバーマウスピース 【7★】 【特価品】

販売価格(税別): 46,000円

(税込: 50,600円)

希望小売価格(税別): 65,000円

 

Theo Wanne(セオ・ワニ) シヴァ ブルーA.R.T. テナーサックス用ラバーマウスピース 【7★】 【特価品】

Shivaモデルはステップバッフルとロールオーバーバッフルのコンビネーションバッフルを採用し、チェンバーにはTheoWanne独自のShark-Gill(シャークギル)・チェンバーというまさにサメのエラのような加工が施されたマウスピースとなっています。ボディサイズはGAIA Hard Rubberよりもやや大きめのボディデザインとなっており、付属のリガチャーもGAIA Hard RubberがT-Lなのに対し、SHIVA Blue A.R.T.はT-XLとなっています。

コンビネーションバッフルとシャークギルチェンバーにより、パワフルでキレのあるエッジの効いたサウンドはもちろん、吹き方によってブレスノイズが乗った太く柔らかでJazzyなサウンドも出せるモデルとなっています。TheoWanne独自のBlue A.R.T.と呼ばれる素材を採用しており、ハードラバーよりも音の芯を持ち、また違った吹奏感と音色でハイバッフル系サウンドを楽しむことができます。

生産完了モデルのクリアランスセール品につき現品限りの特別価格にてご提供いたします。
マウスパッチ跡などを含め全体的に変色がございます。

※特価品のため多少の擦りキズやくすみなどがある場合がございます。予めご了承ください。



【スタッフのコメント】
ルックスはなかなか珍しい色をしていてパッと見の印象は音が硬めかと思いきや、ハードラバーよりも丸みのある音色でややスモーキーさも感じる音色です。音の芯もしっかりとあり、ハードラバータイプよりも音の芯の主張が大きいように思います。主観ですがハードラバーは音の芯とその周りの音のバランスが5対5又は5.5対4.5程度であるのに対し、Blue A.R.T.は音の芯とその周りの音のバランスが7対3又は7.5対2.5程度のように感じます。音の芯が大きいことで「オー」の発音に近い音色の感覚があり、強く吹き込めばその芯がさらに強調されてくるように思います。ハードラバーとは異なる独特のこの音色は新鮮で面白いです。表現が難しいですが、マウスピースを長年使ってきて適度に摩耗し音の角が取れてきたようなサウンドと言いましょうか、良い意味でこなれた感じのある音色に思います。基本的なサウンド傾向はハードラバーと同様にパンチの効いたパワフルなサウンドも出せつつ、コントロールすることによってファットで図太い音も出せるモデルですので、あとはハードラバーとのお好みになるかと思います。




■生産完了品
■A.R.T.(Advanced Resonance Technology)
■材質:Blue A.R.T.
■バッフル:Combination Roll-Over/Step Baffle
■チェンバー:"Shark Gill" Chamber Design
■商品内容:マウスピース、Enlightened Ligature (プレッシャープレート Gold Palted 1点が装着済)、Reed Replacer マウスピースキャップ※、Theo Wanne マウスピースポーチ、外箱
※Reed Replacer Capはマウスピース保管専用のキャップのため、リードをセットした状態では使用することができないキャップとなっています。リードを保護するためのキャップにはフランソワルイ スマートキャップやSILVERSTEIN オムニキャップなどがご使用いただけます。


■オープニングサイズ比較表

オープニングナンバーOttoLinkBergLarsenDukoff
7★7★105D7
88110D7とD8の間

※上記はあくまでも参考の目安ですので相当するマウスピースの
 ティップオープニングとまったく同じという意味ではありませんので予めご了承下さい。


その他商品詳細

TheoWanne SHIVA Blue A.R.T. テナーサックス用ラバーマウスピース 【7★】 【特価品】

販売価格(税別): 46,000円

(税込: 50,600円)

希望小売価格(税別): 65,000円