Otto Link ToneEdge Slant Signature Florida No U.S.A. バリトンサックス用マウスピース 【6】 【Vintage】

Otto Link ToneEdge Slant Signature Florida No U.S.A. バリトンサックス用マウスピース 【6】 【Vintage】

販売価格(税別): 150,000円

(税込: 165,000円)

数量:
 

Otto Link(オット・リンク) トーン・エッジ スラントシグネイチャー
 フロリダ NoUSA バリトンサックス用マウスピース 【6】 【ヴィンテージ】


OttoLink ToneEdge Slantのヴィンテージバリトンサックス用ラバーマウスピースです。こちらはシャンク部分にU.S.A.の打刻がないNo U.S.A.のスラントでFlorida後期よりもさらに古い年代の個体です。ラバー特有の変色や若干のティースマークはありますが比較的良好な状態のマウスピースです。

ティップレールやサイドレールにはリフェイスをしたような形跡は見受けられませんがティップレールはある程度の使用感が見て取れます。開きの実測値としては約 2.80mmでバリトンのオットリンクで言えば7番に近い開きです。

使用感があるということは逆に言えばそれだけ気に入って使われていたということも言えると思います。音色としては柔らかく図太さを持ったスラントサウンドで音の中心に芯を持った音色で鳴ってくれます。広がりのある音色というよりかは少しフォーカスした音色で落ち着きのあるバリトンサウンドが楽しめます。

ヴィンテージリンクでバリトンのスラントは非常に入手が困難なマウスピースですしNo U.S.A.の年代のものは探してもそうそう見つかるものではありませんのでお探しの方は是非お見逃しなく!


■委託品
■Florida No U.S.A.
■ティップオープニング実測値:約 2.80mm(約 .110インチ)
 <オープニングサイズ比較表>

本製品OttoLinkDukoffBerg Larsen
上記数値をもとに比較7よりやや広いD6とD7の間110

※上記はあくまでも参考の目安ですので相当するマウスピースの
 ティップオープニングとまったく同じという意味ではありませんので予めご了承下さい。

■商品内容:マウスピース  ※リガチャーとキャップは付属していません



【Vintage Otto Link ToneEdge Slant Signatureについてについて】
Slant Signature(スラント・シグネイチャー)はモデル名というよりかは通称として使われており、ある年代のハードラバーモデルの一部が一般的にスラントと呼ばれています。SlantSignatureの由来はOtto LinkのメーカーロゴがSlant(傾斜)でSignature(署名)されていることからそう呼ばれるようになったとされています。OttoLinkの中でSlantと呼ばれるモデルのひとつなる「Tone Edge」には年代や楽器のタイプによってサインの位置やシャンクの長さ、チェンバーの大きさなどに違いがありました。テナーのToneEdge Slantはスタン・ゲッツ氏などが愛用していたことでも有名でラージチェンバー、ローバッフルから得られるリンク独特のヴィンテージサウンドは今でも多くのジャズプレイヤーに愛用されています。希少価値が高く、そのサウンドの素晴らしさからも非常に人気が高いモデルで極めて入手が困難なヴィンテージマウスピースのひとつとなっています。


Otto Link ToneEdge Slant Signature Florida No U.S.A. バリトンサックス用マウスピース 【6】 【Vintage】

販売価格(税別): 150,000円

(税込: 165,000円)

数量: