Conn New Wonder Series-I Curved Soprano Sax 1924年製 Serial No:101XXX 【Vintage】

Conn New Wonder Series-I Curved Soprano Sax 1924年製 Serial No:101XXX 【Vintage】
 

Conn(コーン)
ニューワンダー シリーズI  カーブドソプラノサックス シリアルNo:101XXX 1924年製 【ヴィンテージ】


コーン ニューワンダーシリーズIのカーブドソプラノサックスです。ネックのオクターブキーの台座がハンダ修理されており、U字管などを含め多少のヘコミ修理跡は見受けられますがいずれも綺麗に修理されています。ネック折れやベル折れなどもなく、シルバープレートも十分になっています。ベル内側のインナーベルゴールドもしっかりと残っており、1920年代のサックスということを考えると全体的に状態の良いサックスと言えると思います。

銀メッキの変色防止や剥がれを防ぐためだったのかもしれませんが、以前のオーナー様が行ったと思われる薄く透明なコーティングがサックスの表面にございましたので、それらのコーティングを剥離し本来の銀メッキの状態に戻しております。ライヤー(譜ばさみ)ネジはございません。

こちらは年代が古いということもあり現行のサックスから言えばHigh E、F、F#キーがありませんがConn独特の太く柔らかで落ち着きのあるヴィンテージサウンドを持っており、Mk6のソプラノとはまた違った独特のアメリカンサウンドが楽しめます。カーブドということもありストレートのConn ソプラノよりも音の輪郭がありこもった音にもなりませんし、厚みを持った奥行きのある音色は素晴らしいものがあります。

付属品にはK&Mのカーブドソプラノサックス用のスタンドやこのConn専用に作られた特注のハードケースもあります。この年代のConnのカーブドソプラノサックスはネックが着脱できない仕様の管体一体型ですのでなかなかケースが見つかりませんが、専用で作られていることで収納具合もバッチリで良いケースが付属しているのも嬉しい点です。

しっかりとした音の密度を持ち、太く落ち着きのあるConnならではのソプラノサウンドが楽しめる逸品です。このサックスのように状態が良好なものはなかなか手に入りませんし、ヴィンテージとしてはお手頃な価格ですのでご興味のある方やConnのソプラノサックスをお探しの方には是非お薦めするサックスです。


■オリジナルサテンシルバープレート
■インナーベルゴールド
■High E、High F、High F#キーなし
■リベットパッド仕様
■全タンポ交換済み
■調整済み
■付属品:特注専用ハードケース、K&M Saxxy カーブドソプラノサックス用スタンド 14355

その他商品詳細

  • 付属ケース
  • 付属ケース
Conn New Wonder Series-I Curved Soprano Sax 1924年製 Serial No:101XXX 【Vintage】