Conn 6M Naked Lady Alto Sax 1941年製 Serial No:291XXX 【Vintage】

Conn 6M Naked Lady Alto Sax 1941年製 Serial No:291XXX 【Vintage】

販売価格はお問い合わせください。

 

Conn(コーン)
6M ネイキッド・レディ  アルトサックス シリアルNo:291XXX 1941年製 【ヴィンテージ】

Conn 6M Naked Lady VIII stampedの美品ヴィンテージアルトサックスです。こちらは6Mとしては珍しいサテンシルバー仕上げの1本でレアな逸品です。指貝の摩耗も少なく、使用による小さなスリ傷はあるもののネックスクリューのメッキが剥がれている以外はオリジナルメッキもほとんど残っています。ストラップリングは摩耗によって多少クボミが出来ていた部分を金属によって補強がされており綺麗に修理されています。その他、目立った修理跡などもなく全体的に非常に状態の良いサックスです。

こちらのサックスには一般的なプラスチックブースターを採用したパッドではなく、ヴィンテージのConnの音色をより良く楽しんでいただくためリベットパッドを採用しています。あまり使われていなかったようで、全タンポ交換もしておりますのでこれから吹き込んでいくことでタンポも馴染み鳴らし続けることでますます音色に深みが出てくる個体だと思います。

サテンシルバー仕上げということもあり従来のラッカー仕上げの6Mよりも音に落ち着きと柔らかさがあり、音により密度を持ったダークで太さのあるConnならではのヴィンテージサウンドをお楽しみいただけます。6Mの中でも特に人気の高いVIIIの刻印を持ち、且つサテンシルバーでここまで状態の良い個体は非常に入手が困難だと思います。インナーベルゴールドも綺麗に残っており、ここまでのものは探してもすぐには見つからない逸品だと思いますのでお探しの方は是非ご検討いただければと思います。ラッカー仕上げとはまた一味違った芳醇なヴィンテージサウンドがご体感いただけます。



■オリジナルサテンシルバープレート
■オリジナルインナーベルゴールド仕上げ
■VIII stamped(管体及びネック)
■ネック:マイクロチューニングデバイス機構採用
■彫刻:Naked Lady(Lady Face)
■ロールド・トーンホール
■全タンポ交換済み
■タンポ:リベットパッド仕様
■調整済み
■付属品:Hiscox Liteflite Artist アルトサックス用ハードケース 【アイボリー】 【新品】



【Conn 6M(コーン ロクエム)について】
Connサックスはチャーリー・パーカー氏も使用していたことで有名で、6MはConnを代表するモデルでセルマーのS.B.AやMkVIが登場するまでジャズプレイヤー達に主流のサックスとして使われていました。アメリカのサックスらしいストレートで芯の太いサウンドが特徴です。低音キーの位置が現代の一般的なサックスと違い反対側に付いているのも特徴のひとつです。Conn 6Mのアルトのネックにはマイクロチューニングデバイスと呼ばれる機構が取り付けられている物があります。通常チューニングはネックのコルク部分でマウスピースの抜き差しを行いチューニングをしますが、マイクロチューニングデバイスの機構が取り付けられたネックにはコルク付近にスクリューがあります。そのスクリュー部分を回転させることでネック自体の長さを調整しチューニングすることができます。
ベル部分には上半身だけの女性の彫刻が施されており、通称【Naked Lady(ネイキッド・レディ)】または【Lady Face(レディ・フェイス)】とも呼ばれています。

また、1940年代前期に生産された6Mの中には【VIII】の刻印がシリアル付近とネックに刻まれている物があります。この【VIII】の刻印があるタイプは6Mの中でもクオリティの高い機種として6Mの中で最も人気があるサックスになっています。














その他商品詳細

  • 付属ケース
Conn 6M Naked Lady Alto Sax 1941年製 Serial No:291XXX 【Vintage】

販売価格はお問い合わせください。