Martin Committee III Alto Sax Serial No:183XXX 【Vintage】

Martin Committee III Alto Sax Serial No:183XXX 【Vintage】

販売価格: 250,000円(税別)

(税込価格: 275,000円)

数量:
 

Martin(マーチン)
コミッティーIII アルトサックス シリアルNo:183XXX 【ヴィンテージ】

Martin Committee IIIのヴィンテージアルトサックスです。シリアルから1953年〜1954年頃のものと思われます。ネックは管体と同じシリアルが刻印されたマッチングネックで、トーンホールはハンダ付け(ソルダードトーンホール)されています。シリアルは18万番台でヴィンテージのマーチンの中でも特に人気のある年代のモデルです。

ネックやベル彫刻付近は広い範囲でラッカーの剥がれはありますがネックやベルに目立ったダメージは見受けられません。管体のシリアルナンバー下のパテントナンバーが書かれたラベルは僅かに残っていますがほとんどは剥がれています。ストラップリングは交換されています。U字管を含め複数個所でヘコミ修理の痕はありますがいずれもしっかりと修理されており良好な状態のサックスです。全タンポ交換をしており、従来のメタルブースターではなくリベットパッド仕様で仕上げております。

残っているオリジナルラッカーは深みのある風合いで渋みがあり、よく吹き込まれたサックスということもあり音抜けが良く即戦力で使えるサックスです。一本芯が取った音が前に飛ぶマーチンらしいヴィンテージサウンドで、ソフトでハスキーなサウンドも混ざり合った独特のサウンドは素晴らしいものがあります。アート・ペッパーファンにももちろんお薦めしますし、ヴィンテージとしてはお手頃価格のサックスですのでご興味のある方は是非どうぞ。


■オリジナルラッカー
■マッチングネック
■ソルダードトーンホール
■全タンポ交換済み
■リベットパッド仕様
■調整済み
■付属品:PROTEC PB-304CTXL アルトサックス用セミハードケース 【ブラック】 【新品】



【Martin Committee Model について】
MartinのCommittee(コミッティー)Modelは1940年代?1970年代頃まで長い期間製造されたサックスで、マーチンの代表的なモデルと言えるサックスです。低音キーのトーンホールの一部が現代のサックスとは反対に位置する場所に取り付けられているのも特徴のひとつです。管体と同じシリアルを持ったマッチングネックや右手親指のサムフックは奏者の好みに応じて位置が調整できるよう移動式のサムフックなども採用されています。アメリカの工業が最盛期の頃に生産されたモデルということもあり、細部まで手の込んだ美しい仕上がりの楽器です。肉厚のある地金を使用し、トーンホールはハンダ付けされ(ソルダードトーンホール)しっかりとした作りです。アルトサックスでアート・ペッパーが愛用していたことで有名なモデルで、ソフトでハスキーでありながら、芯のある豊かで力強いサウンドが魅力のヴィンテージサックスです。











その他商品詳細

  • 付属ケース
Martin Committee III Alto Sax Serial No:183XXX 【Vintage】

販売価格: 250,000円(税別)

(税込価格: 275,000円)

数量: