Conn New Wonder Series-II Alto Sax Gold Plated 1927年製 Serial No:176XXX 【Vintage】

Conn New Wonder Series-II Alto Sax Gold Plated 1927年製 Serial No:176XXX 【Vintage】

販売価格: 440,000円(税別)

(税込価格: 475,200円)

数量:
 

Conn(コーン)
ニューワンダー シリーズII  アルトサックス 金メッキ仕上げ シリアルNo:176XXX 1927年製 【ヴィンテージ】

Conn NewWonder IIヴィンテージアルトサックスです。こちらは管体サテンゴールド仕上げのモデルで、部分的にサテンゴールドが薄くなって下地の銀メッキが見えているところもありますが年代を考えれば十分メッキが残っている個体です。ネックのオクターブキーの双柱のハンダ修理跡やU字管及びボウガード部分にへこみ修理跡などは見受けられますが、いずれもしっかりと修理されています。ストラップリングは代用できるものに交換されており、ライヤー(譜ばさみ)ネジはありません。

ベル彫刻はとても繊細で細部まで彫り込まれており美しい仕上がりです。個体としてはある程度吹き込まれていますがこれからまだまだ抜けてくると思います。Connらしい柔らかく太さのあるヴィンテージサウンドに金メッキならではの音の輪郭があり、サテンシルバーとはまた違ったConnサウンドが楽しめます。金メッキといってもブライト過ぎることは無く、キンキンとしたエッジが強すぎることにはならずに基本的に柔らかで落ち着きのある音色に程よい音の輪郭を持っています。

サテンゴールドということもあり多少抵抗感はありますが、適度な抵抗感が吹きごたえがあり心地よい吹奏感に思います。メッキということもありパワーもある程度出ます。金メッキ特有の少しキラっとした音色がブレンドされつつも奥行きのある豊かな音色が広がり、深みのあるヴィンテージサウンドが楽しめるサックスです。SELMERのヴィンテージとはまた違う時代を感じることができるアメリカンサウンドを是非ご体感ください。


■管体:サテンゴールド仕上げ
■キー及びベル内側など:金メッキ仕上げ
■ロールドトーンホール
■ネック:マイクロチューニングデバイス機構採用
■タンポ:リベットパッド仕様
■全タンポ交換済み
■調整済み
■付属品:PROTEC PB-304CTXL アルトサックス用セミハードケース 【新品】



【Conn New Wonder Series について】
New Wonderシリーズは1910年代前半頃から生産がスタートし、Artist "Naked Lady" 6Mや10Mといったモデルが発表される1930年中頃まで生産されたモデルで当時のジャズプレイヤー達に主流として使われた楽器と言われています。また、Artist "Naked Lady"シリーズへ移行する際の1930年頃からはTransitional モデルと呼ばれるサックスがあり、移行時期のサックスということもありNewWonderと後のNaked Ladyの仕様が組み合わされて作られたものが多々あります。New Wonderの初期のものはロールド・トーンホールではありませんでしたが1910年代後半からロールド・トーンホールが採用されるようになりました。New Wonderシリーズは年代によって機構や仕様がやや異なっており、1924年以降に生産されたNew WonderはSeries II と呼ばれています。また、New Wonderシリーズはシリアルナンバーの頭に「M」の刻印があることから日本ではM Modelと呼ばれていることがあります。テナーサックスではChu Berry(チュー・ベリー)氏が愛用したいたということで通称チュー・ベリーモデルと呼ばれることもあります。ただし、Chu Berry氏が使用していたとされるモデルはNew Wonderのスタンダードモデルではなく、移行時期モデルとしてあるNew Wonder Transitional モデルとされています。New Wonderの音色はコーンに代表される太く柔らかで豊かさのあるヴィンテージサウンドが特徴です。














その他商品詳細

  • 付属ケース
Conn New Wonder Series-II Alto Sax Gold Plated 1927年製 Serial No:176XXX 【Vintage】

販売価格: 440,000円(税別)

(税込価格: 475,200円)

数量: